USの大学②



( ① を見る... )

( ② を見る... )



ある日「幸せ」をテーマに

みんなでディスカッションしました。



(モグラ)

「えー、なんだろ...健康とかぁ、

家族とかぁ、お金も必要でしょー」







普段寡黙な中国メンズ







この日はマシンガントーク大炸裂! 😱



(ハン)

「愛や繋がりは大事だけど、

それだけでは幸せになれない!」


「お金がなければ家族を養えないし、

生活もできない。それは地獄だよ。

僕は良い服、良い車や家を購入して、

好きな場所に旅行して、食べたいものを

食べる生活を実現したいです」






(ジェイソン)

「僕も同感。お金がなかったら人生は大変」


「僕のLAの友人、誕生日プレゼントに親から

フェラーリを2台プレゼントされたし、

パジャマもグッチ!スーパーリッチなんだ。

親はいつもヘリと自家用機で移動。

大成功してるし、家族皆幸せだよ」


「高級車をバンバン与えるのは子供の

教育に悪い?そうかなぁ、

お金あるんだから使うべきじゃない?

子供もいずれリッチになるわけだし」






(ブルース)

「お金はあっても邪魔にならないし、

あるなら使うべき。」


「僕の友人家族、LAの自宅がホテル並みに

大きくて、よくそこでパーティしてる。

そこまでのリッチになれなくても憧れる」


「ちなみに中国の親もみんなお金が大好き。

子供をリッチにできれば親は老後、

安泰な生活が送れる。これ基本ね ...

だから親は大抵子供に医者か弁護士、

金融などの金回りが良く安定した仕事に

ついて欲しいんだよ。」






LAにはそんな桁違いなアジアンリッチが

いくらでもいるらしい。

そして、中国人はお金が大好き!!


アメリカでチャイナパワーを感じた

モグラでした。






今日のひとコラム

幸せの定義は個人によると思いますが、傾向に国民性は多少なりとも出るかもしれません。振り返れば、モグラの子ども時代も日本経済の成長期で、家の中のモノが増えたり、海外旅行を重ねたり、物質的に豊かになることは家族の幸せの象徴でもあったので、こうした中国メンズの発言も素直な実感なのだと思います。映画「クレイジー・リッチ!」を地でいくゴージャス体験談は圧巻でした 😂 そんな中国メンズに対抗したのがサウジたち。「コミュニティと家族」を最優先に考える彼らは、別アングルのコンサバティブな考え方でした。

(「USの大学:お国柄編 3」に続きます!▶︎)



「アメリカ情報」ランキングに参加中!

記事がよかったらぜひ「いいね」

ランキングクッリックしてください!

▼▼▼


関連記事

すべて表示
Screen Shot 2021-05-05 at 10.00.15 PM copy (1).png
  • さえずり
  • Instagram
モグラについて

イラストブログをアリゾナ砂漠から発信中。日本ではITベンチャーで色々作るお仕事をしていましたが、現在は再びアメリカで学生しています。ティーン二人を抱えた母です。東京でのIT企業体験、アリゾナ移住の話、家族のこと、愛犬ウィリー先輩について徒然なるままに描いてます。ツイッターやインスタでは更新情報他、裏話など書いていきます。ぜひフォローよろしくお願いします!

(プロフィールページ ▶︎)